ページ

2010年4月10日

【News】ポーランド大統領機が墜落、生存者なし

ポーランド大統領機が墜落、生存者なし(写真11枚) 国際ニュース - AFPBB News

ポーランドのレフ・カチンスキ(Lech Kaczynski)大統領夫妻を乗せた航空機が4月10日、ロシア西部スモレンスク(Smolensk)で墜落したと報じられました。生存者はいないそうです。ロシアの通信社によると航空機には少なくとも80人が搭乗、一部では、最大で132人が乗っていたとの報道もある。タス通信(ITAR-TASS)は墜落で87人が死亡したと報じています。

墜落したロシア製旅客機ツポレフ(Tupolev)154機には、大統領のほか、陸軍参謀長、Andrzej Kremer 副外相らが搭乗していたそうです。大統領は、70年前に起きた旧ソ連軍によるポーランド兵大量虐殺事件「カチンの森事件カティンの森事件 - Wikipedia)」の追悼式典に出席するために現地に向かっていました。

レフ・カチンスキ大統領は写真をみると、すごく人柄のよさそうな方ですね。。ご冥福をお祈り致します。事故原因は何なのでしょうか?追悼式典へ出席するための空路事故。釈然としない感じがします。なにか陰謀が図られたのでしょうか?

ちなみに、先日報じられた ポーランド、37億円相当のCO2排出枠を日本企業に売却 のニュースも気になっていたところでした。
【4月9日 AFP】ポーランドのアンジェイ・クラシェフスキ(ndrzej Kraszewski)環境相は8日、3000万ユーロ(約37億5000万円)相当の二酸化炭素(CO2)排出枠を、日本企業に売却したと発表した。日刊紙ジェンニク(Dziennik)が伝えた。売却で得た収入は、公的機関の断熱対策などに利用するという。購入した企業については特定していない。同国は年内に1億5000万ユーロ(約187億円)相当の排出枠を売却する見込み。(c)AFP


★ News - ポーランド 墜落 -

0 件のコメント:

コメントを投稿