ページ

2010年9月22日

【News】不動産管理会社 Relo Holdings(リロ・ホールディング)社 顧客情報20万件流出

不動産管理会社の Relo Holdings(リロ・ホールディング)社 がファイル交換ソフトを通じて 約 20万件 の顧客情報を流出させたとのこと。流出した情報の内訳は 管理物件の保有者情報(氏名・住所)約6万6千件分と、入居者情報(氏名・住所など)約13万件。


ネット上に顧客情報20万件流出 東京の不動産管理会社 - asahi.com(朝日新聞社)

 不動産管理のリロ・ホールディング(本社・東京)は22日、社宅・寮の貸し出し事業子会社で、管理する個人情報計約20万件が、ファイル交換ソフトを通じてインターネット上に流出したと発表した。

 流出したのは、管理物件の保有者情報(氏名と住所)約6万6千件分と、入居者情報(氏名や住所など)約13万件分。

 8月末に判明し、情報が広がるのを防ぐ措置をとり、今月22日に客に知らせた。現時点で被害の連絡はないという。顧客情報を扱えるのは管理職以上の社員だが、流出経路は不明という。リロ社は「警察と相談し、社内調査を続けたうえで結果を公表する」としている。



お客様情報の流出に関するお知らせ - リロ・ホールディング(PDF)


8月の事件発覚で情報公開が今頃とは遅すぎるひどい対応。また、ファイル交換ソフトが流出原因というのはそれ以上にありえません。。リロ・ホールディング社のサイトフッターエリアには個人情報に関する基本方針個人情報の取扱いについて各ページへのリンクがありますが、結局こんなのは体裁を整えただけで社員一人ひとりの意識教育を徹底しないと意味がありませんね。


★ News - 個人情報流出 -


★ 楽天 - 個人情報 -


★ Blog - 個人情報流出 についてのブログ記事 -

0 件のコメント:

コメントを投稿